• 近年増えてきた散骨について

    現代の少子化や核家族化などの影響で、お墓への考え方に変化があります。


    葬法が多様化している中、人気を上げているのが散骨です。散骨とは海や山などに遺灰をまく自然葬の方法の一つで、墓石のあるお墓に遺骨を埋めることなく、自然に還るという意味が込められています。生前の故人の希望や遺族の思いなどでこの方法を選ぶことにはメリットが多いのも人気の理由です。

    散骨情報サイトをご利用下さい。

    人間も自然の一員であり、大自然に還ることは本来の姿とも言えます。

    お墓の継承者がいない、子や孫などお墓を管理維持すべき人たちに負担をかけたくない、親族間のトラブルを起こしたくない、寺や霊園との付き合いにわずらわしさを感じる、想い出の多い海や美しい自然の山で永遠の眠りをと考える人には最適な方法です。

    ロケットニュース24情報を厳選して紹介します。

    そして、散骨はかかる費用の安さにも魅力があります。

    墓石を買い、そこを維持していくためには高額な費用がかかるものです。
    故人とのお別れセレモニーが感動的で、残された遺族の気持ちの整理がつきやすいのもこの葬法ならではです。



    どこまでも続く海、空気の澄んだ美しい山を見ればいつでも故人を思い出すことができ、見守られている安心感があるものです。


    自然との共存、環境問題への配慮、子孫への負担軽減、様々なメリットが散骨にはあるのです。

    感動と納得が得られる散骨は、終わった後の遺族の充実感はとても大きいものです。
    この世に生を受け、大自然へ還っていく素晴らしさを目で見ることができ、心の整理がつくのです。

  • 大人の常識

    • 今注目されている散骨は、お墓を継承する人がいない場合や、自然に還りたいと思う人、リーズナブルにすませたいという人に選ばれている葬送です。ただ、漠然と費用を抑えることができるということはわかっていても、どのくらいの費用が必要なのかを把握している人は少ないのではないでしょうか。...

  • ためになる情報

    • 日本国内では、時代や地域により鳥葬や風葬、土葬と異なる葬送方法が行われて来ましたが、明治6年の太政官布告令により神道の意見に従い火葬禁止令が公布され、昭和23年に公布された墓地、埋葬等に関する法律墓埋法第3条や死体遺棄・死体損壊罪の刑法第190条、感染症法30条などにより法規上現在では土葬が禁止されています。しかし、明治6年の太政官布告令の2年後に仏教徒の反発により火葬禁止令が撤回され、明治時代より現在に至るまで衛生面でも好ましいとして火葬が行われています。...

  • 驚く情報

    • 散骨とは、故人の遺体を火葬した後の焼骨を粉末状にしたものを自然界に撒く形で葬送することを言います。主に海に撒くのが一般的です。...

  • 読めば解る

    • 散骨は、個人では出来ないとお考えの方もおいでるかと思いますが、特に法律がないので個人で行うことが可能です。但し北海道をはじめ、埼玉県、静岡県、長野県などの一部の自治体では条例によりいくつかのことを決めている所がありますので、散骨したい場所が条例のある地域かどうかを事前に調べる必要があります。...